管理栄養士の求人や転職情報なら、管理栄養士JOB

管理栄養士の仕事内容

管理栄養士の仕事内容

給食管理の仕事内容

給食管理の仕事内奥は、献立作成、発注、在庫管理、献立原価やシフトなどの予算管理、各種書類の作成など多岐にわたります。また、調理師や調理補助のシフトに入ることもあるので、調理や盛り付け、洗浄といった業務にもつきます。給食管理は管理栄養士の免許が必須ではなく、栄養士免許のみでも就業することが可能です。

給食管理の仕事内容を詳しく見る

医療機関での仕事内容

病院で働く管理栄養士の仕事は、給食管理と栄養管理があります。給食管理は委託していることもありますが、先に述べた給食管理業務と同じです。

栄養管理業務としては、栄養指導、チーム医療への参加、NSTという栄養サポートチームの一員としての栄養管理などがあります。管理栄養士は食や栄養についてのスペシャリストであると同時に、他職種と連携をはかるために疾患や病態に関する知識も備えておかなければなりません。

医療機関での仕事内容を詳しく見る

社会福祉施設での仕事内容

福祉施設における管理栄養士の仕事も、病院と同じく給食管理と栄養管理があります。福祉施設も給食管理を委託していることが多いでしょう。

高齢者の多くは認知症の影響や身体能力の低下から食べる力が弱くなり、低栄養状態に陥っています。入居者個人に合わせた食事形態他職種とともに検討する、栄養が足りていない人にはどのような対策を取れば栄養をとってもらえるのかを工夫するなどが主な仕事です。

社会福祉施設での仕事内容を詳しく見る

商品開発の仕事内容

商品開発を行う管理栄養士の就職先は食品を扱う企業です。1つの商品を開発するには、企画を考えた後、商品の味や機能性、コスト、パッケージデザイン、商品名、話題性などの多岐にわたる項目を開発部門以外とも議論し、1つの商品として形にしていきます。これらの業務は管理栄養士の独占業務ではないため、企業で働く会社員としてのスキルも必要です。

商品開発の仕事内容を詳しく見る

健康運動業界の仕事内容

健康運動業界で働く管理栄養士の主な就職先はスポーツジムでしょう。スポーツジムで行っている健康相談の場において、食と健康のスペシャリストとしての知識を活用できます。また、管理栄養士免許がある人に指導してもらえるということで、お客様に安心して相談に来てもらえるでしょう。ただし、専属管理栄養士として就職できるケースは少ないため、スポーツジムのインストラクターとしての業務も行います。運動の指導や新規会員の獲得なども仕事内容に含まれることが多いです。

資格についても、管理栄養士だけではなく健康運動実践指導士を取得していれば業務に活かしていくことができるでしょう。

健康運動業界での仕事内容を詳しく見る

特定保健指導の仕事内容

特定保健指導は、生活習慣病によるリスクが高い方を対象に生活習慣の改善を行う指導のことを指します。健康診断で特定保健指導を受けなければならないとなった方を対象に、初回面談、行動目標と計画の作成、最終評価を行い、対象者の生活習慣病リスクを減らしていくためのサポートをします。指導内容は食生活や運動、喫煙などなかなか改善しにくい生活習慣を変えることですから、一方的に話すだけではなく対象者に寄り添った支援が必要です。支援方法も面談だけではなく、忙しい方でも支援できるように電話やメールといったツールも使います。

特定保健指導の仕事内容を詳しく見る

  • ご転職をお考えの管理栄養士さん必見!お祝い金3万円以上プレゼント!

キャリアチェンジ

臨床現場経験がある方は、その経験を活かして別の職種にチャレンジ!

  • 栄養指導・特定保健指導の経験を活かして、CRC(治験コーディネーター)にチャレンジ!

万全の個人情報管理

プライバシーマーク